>

企業形態の一つである精密機械系企業を解説した社会系情報サイト

デジタル系精密機械企業の主な特色と仕事

精密機械系企業の仕事もデジタル化

現代において精密機械系企業の大半はデジタル系がその大勢を占めています。

なぜなら、各種精密機械のデジタル化に伴い、精密機械で製造される製品もまたデジタル化しているためです。

デジタル化した精密機械によって製造されるデジタル製品は、一定のクオリティが担保しやすく人員が少なく済むなどの利点があることから、デジタル化の進行はある種の必然ですが、デジタル系機器特有の寿命短さというデメリットと言って差し支えない部分もあるため、デジタル化を手放しで喜ぶことはできません。

ただし、資本主義社会においては大量生産大量消費が社会的正義であることから、製品の買い替えサイクルを早めるデジタル化は、企業にとってはやはり必要と言わざるを得ないのです。

精密機械系企業によるデジタル系の製造物

精密機械系企業の主な生産物である、時計・カメラ、観測・計測機器などは研究開発からデジタル化が進行しているため、アナログ時計や一眼レフカメラ、眼鏡といった、あからさまにアナログ色が強い製品を除けば、精密機械系企業の製品の大半はデジタル製品と考えてまず間違いありません。

具体例としては、デジタル時計やデジタルカメラといった分かりやすいものが挙げられますが、これらが内蔵されたスマホや携帯、PCなどにも部品という形で組み込まれているため、これらの製品も含めれば精密機械系企業が関わるデジタル製品は多岐にわたるため、精密機械系企業が製造したデジタル製品が無い生活することは、意図して排除しない限り、現代の日本では逆に難しいかも知れません。


この記事をシェアする