>

企業形態の一つである精密機械系企業を解説した社会系情報サイト

アナログ系精密機械企業の特徴と主な業務

アナログな精密機械系企業の業務

精密機械系企業の中でもアナログな製品を主として扱う企業では、製品の開発や研究に匹敵するほど製品の修理に需要があるため、特に実務的な専門性の高い技術が要求されます。

開発や研究において直接的な開発に取り組む技術を持つ、いわゆるメカニックタイプの技術者が求められる要因として、デジタルな精密機械系企業と比較して、アナログな精密機械系企業は直接製品を開発するだけでなく、製品の修理・部品交換なども並行して行っていることが多い点が挙げられるでしょう。

もちろんデジタルな精密機械系企業においても専門性の高い技術の需要には事欠きませんが、アナログ色の強い製品とデジタル色の強い製品では、求められる技術の性質や人手も異なるので、いわゆるメカニック系の技術者がより求められるのは、アナログな精密機械系企業です。

主にアナログ系精密機械企業で製造される物

アナログ傾向の強い精密機械系の製品の具体例としては、アナログ時計や一眼レフカメラ、眼鏡などが挙げられ、両者に共通する特徴として、研究過程はさておき開発や修理においてデジタル技術よりもアナログな専門技術に依存する側面が強い点が挙げられます。

デジタル技術の進歩もあり、開発や修理を補助する機械もデジタル化が進んではいますが、やはり、これらのアナログ色の強い製品に関しては、熟練のメカニックの技術力が大きくウェイトを占めているのが実情です。

アナログ時計や一眼レフカメラ、オルゴールに関しては、製品として既に完成形に近く、技術的なブレイクスルーによる発展を含めて、発展性に乏しい点も見られますが、製品としての完成度が信頼性の高さと結びつき、いずれの製品も一定の需要が継続しています。


この記事をシェアする