>

企業形態の一つである精密機械系企業を解説した社会系情報サイト

多様性に満ちた精密機械系企業の業種や職種

精密機械系企業とは?

一般的に精密機械系企業とは、二つの技術分野に基づく研究開発を主な仕事としている企業を指し、光の性質を利用した設計ないし製造される光学部品や光学ガラス材料のレンズ加工の研究開発を行う光学技術と、電気工学の量子的側面に焦点を当てて研究開発に取り組む電子技術が基本的な精密機械系企業の研究開発分野であり、それらの研究開発の成果を製品や技術、特許などに応用することで利益を上げるのがステレオタイプです。

ただ、光学技術と電子技術が関わるものは製品のみに限定しても、時計・カメラ、顕微鏡・望遠鏡、計測機器など様々にあるため、同じ精密機械系企業であっても、専門とする分野や得意とする技術には違いがあり、実績と蓄積されてきたノウハウが精密機械系企業の特色を表します。

製造物をベースとした精密機械系企業を分類

精密機械系企業は光学技術と電子技術の内のどちらを専門的に扱っているかという観点からでも分類可能ですが、光学技術と電子技術の双方を総合的に取り扱う企業や、両者を組み合わせた研究開発に取り組む企業も少なくないため、一概に分類しにくい傾向にあります。

そこで、扱っている技術分野ではなく、製造品や技術といった成果や結果に則した分類の一つとして考えられるものが、アナログとデジタルです。

精密機械系企業というとデジタル製品が主流だと考える方は決して少なくないでしょうが、実はアナログな製品も珍しくはありません。

専門分野による分類以外の方法での分類を考えるとき、アナログとデジタルによる分類を試みるのも一つの手段でしょう。


この記事をシェアする