企業形態の一つである精密機械系企業を解説した社会系情報サイト

精密機械系の企業の仕事内容とは

精密機械系企業の基礎知識と分類

精密機械系企業は、光学技術と電子技術という幅広く応用され現代社会の基盤を築いた二つの技術を研究開発することで、経済活動を行うことを目的としていることから、純粋に研究開発に特化した技術や特許を販売する企業、開発した技術を自社で運用することを前提とした企業、既存の技術や特許を組み合わせた新技術や新製品の開発を試みる企業など、開発に関わる企業だけでも様々な形態を持っています。

企業形態と同様に分野も実に多様で光学技術だけでも、顕微鏡、写真機、映写機、光学レンズ、といった具合に枝分かれしていることから見て取れるように、精密機械系企業は専門分野に応じた業種が多数存在するのです。

また、精密機械系企業の分野ごとの業種の多さは職種の多様さにも影響を及ぼしており、精密機械系企業に関わる職種も多数存在しますし、整備士・工事士・研究者・技術者などが専門分野ごとに存在するほか、販売や流通など間接的に関わる職種もあることを考慮すれば、精密機械系企業がいかに社会に根差した存在であるか窺い知ることができます。

現代社会において精密機械系企業は研究開発を通じて、社会基盤の形成と雇用の創出の両面で社会に関わりながら、幅広く活動するのみならず、その活動が新たな雇用を創出し経済活動を促し続ける、潤滑油的な側面を持ち、いわば存在そのものが社会を維持するための一翼を担う巨大な業種を構成している、非常に重要な企業の一つなのです。

多様性に満ちた精密機械系企業の業種や職種

本項は、精密機械系企業に対しての基本的な知識の一環として、精密機械系企業が専門的に研究する光学技術と電子技術をどのような形で利益化しているのか触れながら、精密機械系企業をアナログ分野とデジタル分野に、製造物によって分類することを提示したページです。

アナログ系精密機械企業の特徴と主な業務

精密機械企業における業務の一つとして、アナログ製品についての具体例を交えた考察と、アナログ系の精密機械系企業で必要とされる人材についての私見を交えながら、アナログ系精密機械企業で生産されるアナログ製品の主な特徴と、アナログ製品の発展性についても触れています。

デジタル系精密機械企業の主な特色と仕事

デジタル化が進行した現代における精密機械系企業のデジタル化の意義と、デジタル化が精密機械系企業とその業務に与えた影響について、いくつかの意見をまとめると共に、精密機械系企業の製品のデジタル化の進行および、製品と社会生活の関わりに対する私見を述べました。